top of page
検索
  • support10899

天災は忘れた頃にやってくる

更新日:2021年11月16日


夏目漱石の弟子として知られる物理学者の寺田寅彦の言葉で、関東大震災の被害調査に熱心に携わり、その後の日本における防災の礎を築いた人物です。



この人物の随筆に「正しくものごとを恐れる」という言葉があります。あるものごとについて怖がりすぎたり、逆に過小評価して怖がらなさすぎたりしてしまう。正しくものごとを判断し、正当にものごとを恐れることは以外に困難である。という意味です。


未曾有の震災の記憶を風化させないように、防災意識や地震対策を忘れずに生活を送ることが重要ではないでしょうか。




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年末のご挨拶

今年も皆様に、ご理解ご協力をいただきまして、心より感謝申し上げます。 来年も更なるサービス向上を目指し、従業員一同、誠心誠意努力をしてまいりますので、 より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 休業のご案内につきましては、年末年始のご案内の方に記してありますので、 そちらをご確認ください。 新年も何卒よろしくお願いいたします。

ご案内

年末年始の休業日は下記のとおりとさせていただきます。 令和5年12月30日(土)~令和6年1月3日(水) 令和6年1月4日(木)より通常営業いたします。 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 ◆事故受付・休日の対応◆ 事故サポートセンター 0120-256-110 ◆レッカーけん引・30分程度の応急処置◆ ロードアシスタンス専用デスク 0120-365-110

石川県自転車条例

自転車保険への加入義務化の開始日が、令和6年4月1日と決定されました。 自転車を運転して歩行者等にケガを負わせた場合に、その相手方への賠償に対応する保険等に加入しなければなりません。 弊社からも情報提供し、お客さまに安心と安全をお届けしていきたいと思います。

bottom of page