top of page
検索
  • support10899

天災は忘れた頃にやってくる

更新日:2021年11月16日


夏目漱石の弟子として知られる物理学者の寺田寅彦の言葉で、関東大震災の被害調査に熱心に携わり、その後の日本における防災の礎を築いた人物です。



この人物の随筆に「正しくものごとを恐れる」という言葉があります。あるものごとについて怖がりすぎたり、逆に過小評価して怖がらなさすぎたりしてしまう。正しくものごとを判断し、正当にものごとを恐れることは以外に困難である。という意味です。


未曾有の震災の記憶を風化させないように、防災意識や地震対策を忘れずに生活を送ることが重要ではないでしょうか。




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公費解体

公費解体とは、全半壊の家屋を対象に国と自治体が費用を負担する制度です。その制度に進展がみられてきております。 所有者全員の同意が必要だったのが、全壊で建物性を失った場合、全員の同意がなくても 解体できるようになりました。建物性を失った場合とは、明らかに全壊したり、1階部分が 完全につぶれたり、焼失したりした場合です。 建物が滅失したとする登記の手続きをし、必要なものを持ち出したのを確認後、市町の判

能登半島地震から3か月

現在も8,000人以上の方が避難しており、もどかしい思いが募るばかりです。 珠洲市では8割超がまだ断水で不便な生活を強いられております。 自治体職員の方々や全国各地からの多くの応援で復旧復興が進んでいる地域もあり、感謝でしかありません。しかし助けを求めている被災者は、まだまだたくさんいます。復旧復興が進んでも、被災地への関心が薄れないよう、自分たちが発信できることで被災者に寄り添っていけたらと思い

年末のご挨拶

今年も皆様に、ご理解ご協力をいただきまして、心より感謝申し上げます。 来年も更なるサービス向上を目指し、従業員一同、誠心誠意努力をしてまいりますので、 より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 休業のご案内につきましては、年末年始のご案内の方に記してありますので、 そちらをご確認ください。 新年も何卒よろしくお願いいたします。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page